FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽爾高原に行ってきた

最近は寒すぎて、自転車で出かけるのが億劫になってまいりました

今回はまだそこまで寒くなかった11月半ば頃に、曽爾高原へススキ見物に繰り出した訳です





今回のルートはこちら



正直、高野山を登ってから、あれ以上しんどい所はないだろうと思っていたのですが
今回はかなりしんどかった
高野山に匹敵するレベルでキツかったすね

今回のメンバーは僕を含めて3人
みんな、過去に100kmのロングライドの経験が何度もある人ばかり
ただ、それは平地メインのコースの場合
曽爾高原ライドで予想以上にキツかったのは登り

コースの断面図を見て分かる通り、3回ほど登っています
これによって全員のHPがガリガリと削られてしまい
一人は燃料を使い果たし、ハンガーノック状態に陥ってしまう始末
結局、曽爾高原のススキを見れたのはメンバー内でも比較的登りが得意な自分だけでした
(といっても、曽爾高原に着いた瞬間は足ガクガクでしたが)


s-IMG_04992.jpg

曽爾高原付近での一枚
なんだか凄く変わった形の山だったの撮りました
写真だとわかりづらいですが、実物だと迫力があります


s-IMG_05012.jpg

曽爾高原の山頂近くにある休憩ポイント
奈良の中でもかなり田舎なのに、見物客が大勢いてビックリ
予定ではこの写真にあるファームガーデンで食事をとることになっていましたが、予約待ちの人数が大変なことになっていたので、あえなく断念
近くにあったうどん屋さんで昼食をとりました


s-IMG_05052.jpg

伊勢牛の牛丼と、山菜入りのうどん
高原の上は気温も低くて、体が冷えていただけに暖かい食べ物は身にしみました
ハンガーノック状態で顔が真っ青になっていた仲間も、血の気が戻ってきていました


s-IMG_05062.jpg

さて、休憩ポイントからもう少し登らないと曽爾高原のススキを見ることはできません
しかし、ハンガーノック状態の仲間は再起不能
仕方なく、もう一人の仲間と一緒に曽爾高原を目指しました
が、駄目ッ!
最後最後にきて坂の勾配が10%を超えているという難関
あえなく、もう一人の仲間も再起不能
単独で曽爾高原を目指すことに

写真はその坂を撮ったもの


s-IMG_05072.jpg

歩行者と同じ速度ぐらいのノロさで登っていき、ようやく到着
噂に聞いてはいたけど、やっぱりススキがとても美しい



s-IMG_05092.jpg



s-IMG_05132.jpg


s-IMG_05102.jpg

本当はこの丘の上を歩いて登った先に、絶景が見えるのですが
体力を限界まで使い、さらにここから帰ることを考えると、残念ながら登るという選択肢はなかった
来年のすすきのシーズンにリベンジをしようと思います


s-IMG_05002.jpg

先ほどの休憩ポイントまで戻った所にある「お亀の湯」
結構有名な銭湯らしくて、多くの人が利用されていました
先に入っていた仲間と合流し、疲れと汗を流します
お湯が特殊なのか、肌がヌルヌルになっていました

滅茶苦茶しんどかったけど、いいものが見れたので良しとしましょう
可能なら今度は全員で見たいものです
それではでは
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シナイゴ

Author:シナイゴ
自転車乗りだけど出不精の面倒くさがり屋という、なんだか矛盾した存在、そんな管理人が不定期運営中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
ブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。