FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シークレット・レース」感想

IMG_0194.jpg


新年度でバタバタしてるから・・・という言い訳で更新を怠っていたら
いつの間にか5000HIT

最近の更新頻度の遅さで流石に見てくれる人は減っただろうなぁと思っていましたが
ありがたいことにちゃんと見てくれている方が一定数いるようです
(それだけに更新頻度の遅さが申し訳ない)

今回は最近読んだ自転車ノンフィクション小説の感想です
※ネタバレが嫌な方は閲覧注意



タイトルは「シークレット・レース ~ツール・ド・フランスの知られざる内幕~」


あらすじ
 ドーピング、隠ぺい、手段を選ばぬ勝利の追求―自転車レースを支配するシリアスな闇の世界に、ランス・アームストロングのマイヨジョーヌに貢献した元プロ自転車選手のタイラー・ハミルトンとノンフィクション作家のダニエル・コイルがメスを入れる。
 煌びやかなプロ自転車競技界の裏側にある幾重にもつらなった腐敗を暴き、かつ恐ろしいまでに不穏な世界を暴きだす。「現時点における、自転車競技の薬物問題に関する最も包括的で、誰もが入手できる報告である」(NYタイムズ)。元プロ自転車選手ならではの心理を克明に描いた傑作ノンフィクション。


あらすじにもあるように本書は自転車レースの裏側を描く暴露本です
著者は全盛期のランス・アームストロングと一緒のチームで走り、また自らもドーピングに手を染めたタイラー・ハミルトンという元プロ自転車選手、そしてそのタイラーの話を一冊のノンフィクションとしてまとめあげたダニエル・コイル。
漫画で例えると「原作と絵」みたいな感じでしょうか
2年ほどの歳月をかけて取材を行ったと書かれており、内容の密度も非常に濃いものとなっています

実際の内容はタイラー・ハミルトンの自伝のようなものであり、彼の生い立ちや性格、自転車選手となったきっかけなどから語られており、そしてランス・アームストロングとの出会いとドーピングを始めるまでの経緯などなど

またこの本では2013年に自らのドーピングを告白し、ツール・ド・フランス7連覇というタイトルを剥奪されたランス・アームストロングに強く焦点が当てられており、もう一人の主役のような立ち位置となっています

この本の重要なキーワードとして「ドーピング」があります
僕自身はこの本を読むまでドーピングのイメージが結構あやふやで、とりあえず嫌悪すべき行為という認識でしかありませんでした。しかし、この本を読むことによってそのイメージは変わったと思います。もちろん、嫌悪すべき行為であることは変わりありません。
しかし、スポーツは結果を出さない者に栄光が与えられることはなく、そしてタイラーが走っていた当時の自転車レースでは当たり前のようにドーピングに手を出す選手がたくさんいて、そして良好な結果を残す大半がドーピングに手を染めている選手。手を出せば素晴らしい栄誉と賞金が手に入り、手を出さなければそのまま陽に当たることもなく引退という状況において、もし自分がそのような状況に立たされたら手を出さないとは言い切れません。
むしろ学生時代、学校の定期テストで過去問を使いまくっていた自分ですから、多分、手を出しまくりでしょう(ドーピングとはちょっと違うかもしれませんが)
本作の主人公であるタイラーもドーピングに手を出すことで輝かしい栄光を手にしています。
しかし、それと引き換えに周りを騙しているという罪悪感と、見つかればペナルティと批判の的になるという緊張感に常につきまとわれることなります。

現在ではドーピング検査も厳しくなり、ドーピング最盛期に比べレースの平均速度が落ちているというデータもあるそうです。ランス・アームストロングの告白によってドーピングのイメージが強くなったロードレースにとっては良い事だと思います。

自転車レースのドーピング事情を知りたい方は是非、この作品を読んで下さい。単純にタイラー・ハミルトンという選手の物語としても非常に面白いので自転車に興味のない方にもオススメです


シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)
タイラー ハミルトン ダニエル コイル
小学館 (2013-05-08)
売り上げランキング: 27,767


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シナイゴ

Author:シナイゴ
自転車乗りだけど出不精の面倒くさがり屋という、なんだか矛盾した存在、そんな管理人が不定期運営中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
ブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。